シェアする

頭がよすぎてまわりの人間とうまく会話が噛み合わない

シェアする

頭がよすぎてまわりの人間とうまく会話が噛み合わないというレベルの高すぎるご相談をいただきました。

知能指数が高すぎると頭の回転の速さや知識量と思考能力がそもそも違うため、一言に含まれる情報量が多すぎてお相手がついていけない、ということのようです(なんだよそれ、かっこよすぎかよ…)

でも正直その気持ちは僕にもよくわかる気がします。といっても僕の場合はまったく逆の立場なわけですが、たしかにいわゆる頭の良さだったり教養のレベルが平均を隔絶して高すぎたり低すぎたりすると、一般にうまく社会に適合するのは難しくなってしまうのかもしれません。

僕のように社会的・実際的な能力が低すぎて(というか皆無すぎて)人に当たり前にできることができずに社会不適合者になってしまうというのはわかりやすい話ですが、逆に水準を超えて頭がいい、知能が高いというのも凡愚にはわからない悩みや苦しみがあるのかもしれません。

スポンサーリンク

知能指数が高く知識量や思考能力が人と違いすぎて話にならない

まつたけさん、ご無沙汰しております。
この度は新ブログ開設おめでとうございます。

ご相談というよりは単なる愚痴のようなものですが、ネタになればと思い送らせて頂きます。

私は幼少期から三十代の今に至るまで知能指数が割り合い高く、それ故か周りの人と上手く会話が噛み合わない事が多く、生活する上で少々難儀しております。
どう噛み合わないかと言いますと、頭の回転の速さや知識量と思考能力がそもそも違うためか、私の一言に含まれる情報量が多すぎてお相手がついていけないようなのです。

文章だと推敲する時間があるので情報量を削る事も可能なのですが、口頭でのリアルタイムな会話はとても難しいと感じます。
そのため私は電話がすごく苦手で、求職中は採用担当者に電話をかける事が何より苦痛でした…

世の中の多くの人は、知能が高ければそれだけで可能性に満ちた勝ち組、と思っているようですが、平均値を大幅に上回る能力を持って生まれてもそれを活かせる場を与えられなければ、単なる社会不適合者になるしか道はないのだな、と痛感するばかりです。

実際私は数値が一番低く出るIQテストでも現時点で130以上はあるのですが、両親がそれを活かす生育環境を与えなかったために、私は自身の能力の活かし方も制御のし方もわからないまま、人間関係をこじらせて高校を中退し精神を病んでアダルト業界に転がり込んだ先で詐欺に遭い借金まみれ…という、世の中の人からしたらいわゆる負け組の人生を送っています(笑。
正直なところ負け惜しみでも何でもなく、アダルト業界に従事した事は私が自分から選択した道ですし、お仕事自体は心底から楽しくとても充実した経験でしたし、負けたとは全く思っていないのですけどね。

時折ふと感じるのは、自身のように知能の高い人間ともっと気軽に繋がれて、同程度の情報量と回転速度で気兼ねせず会話の出来る仲間が身近にいれば、もう少し生きやすいかな…という事です。
自身がこれまで感じてきた深い孤独は、周りと会話が成立しにくい事が大きく影響していますので…

MENSAなどの高IQ団体を排他的な組織と詰る非当事者も時に見かけますが、私にとってはそのような団体がある事は救われる思いがしますし、その手の非難は知能の高さに価値を感じるけれどそうではない人間のルサンチマンによる、ある種のマイノリティ差別だなぁと感じて悲しいような虚しいような気持ちです(特に憧れもなく入れるだけの能力もあるならそんな非難は出ないかと思いますので。

数値の上で能力が高い事が必ずしも人を幸福にするとは限らない…という事は、可能であれば幼少期のうちに知っておきたかったですね…

本当に単なる愚痴(然も相当な長文…)になってしまって申し訳ないです。
ネタになるようでしたら好きに弄って構いませんので、素材としてご自由にお使いくださいませね。

この先の更新も楽しみにしておりますが、まつたけさんもどうか心身ともにご自愛の程を。
(先日の「とにかく休む事」という記事は、私も光明を掴めた気がして救われる思いがしました。ありがとうございます)

櫻ヰさん、大変興味深いメッセージをありがとうございます。

文字通りレベルが違いすぎて自分には持て余してしまいそうな話題ですが、僕も櫻ヰさんとはまったく逆の意味で社会の平均水準からの解離が大きく、社会不適合、というより僕の場合はほとんど最底辺まで身を落とした人間ですので、その立場からお返事させていただきます。

知能の高さや頭のよさも一種のノブレス・オブリージュ

まず、最初に櫻ヰさんに謝らなくてはいけないことは、せっかくメッセージをくれた櫻ヰさんに対して、かなり一方的な要求やお願いの多い内容になってしまうことです。

どうしてそうなるのか?という理由がまさに、僕が今回お返事したいことの主旨です。一言で言えば「頭がよすぎる人間のノブレス・オブリージュ」ということになります。ここでいうノブレス・オブリージュというのは「持つ者が持たざる者に対して持つ義務」くらいの意味合いで使っています。

まあノブレス・オブリージュというのは櫻ヰさんに合わせてがんばって僕の知ってる一番難しい言葉を使ってみただけなんですけど、もっとわかりやすい例で言うと、大人が子どもと話すとき、屈んで子供の目線に合わせてあげるじゃないですか。櫻ヰさんにはあれをやってほしいわけです。

背の高い大人の方が子供の目線に合わせるのは当然のこと

櫻ヰさんとは真逆に頭が悪すぎて人と話が噛み合わない僕のその説明だけだと「何言ってんだこいつ?」って感じだと思いますので、アホなりに一生懸命説明してみます。どうか辛抱してアホの話を聞いていただければと思いますm(_ _)m

ほら、大人が立ったまま子供を見下して話をすると、それだけで小さい子供からしたらすごい威圧感を感じたり、文字通り同じ目線で世界を共有してくれないことへの不安や不満を感じてしまいますよね。

だからコミュニケーション能力が高くて本当にできる大人は、子供と話すときは屈んだりしゃがんだりして子供と同じ目線で子供と会話します。

こういうとき、「いや、それは子供が悪いし甘ったれている!子供が無理にでも背伸びして、一瞬で背を伸ばして大人の視線に合わせるべきだ!」とか無茶なことを言う人は死んだほうがいいレベルのバカか気違いじゃないかぎりいませんよね。

単純に、大人の方が子供の目線に合わせて屈んであげるなり座ってあげるなりして、子供の目線に合わせてあげると思います。なぜなら背の低い子供のほうが背の高い大人の目線に合わせることは物理的に不可能であり、背の高い大人が背の低い子供の目線に合わせてあげることはいくらでも調整できることだからです。

僕はノブレス・オブリージュって要するにそういうことだと思ってます。

人とわかりあえないことの孤独と絶望

櫻ヰさんの場合で言えば、例えば申し訳ないんですけど、僕のほうが櫻ヰさんの目線の高さに合わせろって言われても、そんなことはそもそも土台無理なんですよ。頭の悪いほうが頭のいい人間の頭のよさに合わせろっていうのは、アカゲザルに重力場の方程式を解かせようとするくらいの無茶です。

実際今回いただいたメッセージにしても、櫻ヰさんのほうから僕の目線までいわば「降りてきてくれて」、それでなんとかかろうじて意思の疎通も成立させてくれてるわけじゃないですか。

どうかこれと同じことを、まわりの人たちに対してもやってあげてほしいなって思います。

というか、そんなこといまさら僕ごときに言われなくても、きっと櫻ヰさんはそれくらい当たり前にやってあげていて、ただそうせずには人と差し当たってのコミュニケーションもまともに取れないことの孤独感や寂しさ、虚しさを伴う疲労感のようなものを悩みとして吐露してくれたのだと思います。

その常日頃櫻ヰさんがされているのであろうご苦労とご心情は察するに余りあります。本当は僕などにそのお話をしてくれた櫻ヰさんに対して「お気持ちわかります」と言えたらどんなにいいだろうと思うのですが、僕ごとき重力場の方程式どころか七の段の九九もあやしいアカゲザルに共感などされてもよけい虚しく思われてしまうと思いますので自粛します。

天才バカボンのパパの名言「あなたもあなたでそれでいいのだ」

ただ、いちいち人とコミュニケーションを取るにも大人がまだ小さい子供にするようにレベルを合わせてあげる苦労や虚しさというのは僕には想像を絶しますが、人と話していても相手の話がどうでもよさすぎて自分にはまったく興味を感じられないときの虚しさとか孤独感ということであれば、もちろん僕にも理解できます。

櫻ヰさんがこれまでされてきたのであろうご苦労に対しては安易に「わかりますよ」なんて言えませんが、本当にお疲れ様でしたm(_ _)m

選ばれてあることの恍惚と不安と二つわれにあり

僕は今回櫻ヰさんから聞かせていただいたお話を聞いて、知能指数が高いからって手放しでいいことばっかりじゃないし楽じゃないんだなーということがよくわかりました。

今回は話が煩雑になるのでそこまで言及しませんが、一昔か二昔前に日本でも『EQ―こころの知能指数』なんて概念が一瞬はやりかけたりもしましたが、なんにせよIQみたいな恣意的な尺度ひとつでその人間の価値や人生を測ることのバカさ加減を思い知らされました。

僕なんかはわりと、今までまさに安易に知能の高い人や頭のいい人をうらやましがるだけの典型的なクソバカマヌケ野郎だったんで、正直かなり反省しました。頭いい人の苦労も知らずに無責任なことばっかり思っててすみませんでしたm(_ _)m

ヴェルレーヌだかマドレーヌだかって詩人が「選ばれてあることの恍惚と不安」ってことを言っていますが、櫻ヰさんの悩みというのも頭のいい人に背負わされた宿命みたいなものなのかもしれないですね。

頭いい人の苦労も知らないくせに無責任に聞こえたら申し訳ないんですけど、人と容易に話が噛み合わないことの苦労や虚しさを、知能指数の高い人間に課せられた十字架であるとか呪いであるというふうに考えてしまうと、ひたすら暗い話になってしまいます。

だからどうかせめてそこは、「この苦悩は選ばれし高貴なる頭脳の貴族が平民たちに対して持つべきノブレス・オブリージュである」、と内心誇りに思うくらいの気持ちで、気高くあっていただけたらいいなと思います(※表に出てしまうとただの鼻持ちならない地獄のミサワみたいなアレになってしまうのでご注意ください)。

スポンサーリンク

メンサに入会して高IQフレンドを作るのもあり

時折ふと感じるのは、自身のように知能の高い人間ともっと気軽に繋がれて、同程度の情報量と回転速度で気兼ねせず会話の出来る仲間が身近にいれば、もう少し生きやすいかな…という事です。
自身がこれまで感じてきた深い孤独は、周りと会話が成立しにくい事が大きく影響していますので…

MENSAなどの高IQ団体を排他的な組織と詰る非当事者も時に見かけますが、私にとってはそのような団体がある事は救われる思いがします

ということなのであれば、それこそMENSAでもフリーメイソンでもイルミナティでも(だいぶ違う)入会してみるのもありだと思います。

正直自分は高IQ団体だろうと友愛精神のもと結びついた秘密結社だろうと、その手の集団に所属することで自分の帰属意識を満たしたいという気持ちが薄いのでよくわからないんですけど、同じ孤独感とか苦悩を共有してわかりあえる仲間たちと、やっと相手のレベルに合わせたりしないでもまともに同じ人間同士として話をすることができる、ああ、こここそがずっと探していた自分の居場所だ!と思えるのであれば、それは素晴らしいことだと思います。

むしろ普通は仲間や同志なんて簡単に見つけられるものではないのに、ことメンサみたいな組織は「高IQ」という極めてわかりやすい数字で互いに結びついて仲間意識を持てるわけですから、その点に関しては有利ですらあります。

メンサに入会した暁にはジョディ・フォスターにクラリス、羊の鳴き声はまだ聞こえるかい?よろしくお伝えください。

頭がよすぎて集団に馴染めずアダルト業界を選ぶ女性は多そう

あと、これは完全に余談ですが、アダルト業界ってもしかしたら頭がよすぎて集団にいまいちなじめなかったみたいな人も多いのかもしれないなーって思いました。

もちろんアダルト業界の人間がみんながみんな頭がいいとか知能指数が高いかは知らないですけど、個としてのスペックが集団の平均から抜きん出て高いと、結局要は櫻ヰさんの仰る通りマジョリティによって形成された社会から見れば逸脱したマイノリティになってしまうわけで、ネガティブな方向に逸脱が向かうとある種の社会不適合に陥ってしまうという側面はあると思います。

もちろんアダルト業界が必ずしもネガティブだとか社会から外れているという意味ではありませんが、そういう方向性へのわかりやすい逸脱としてアダルト業界に入っていく人もわりと多いのかなーって気がします。

そういうのってなかなか悲しいというか、多分あんまりしあわせになれる生き方じゃないんじゃねえかって気がしてしまうので、そういう意味では櫻ヰさんの場合は「本当に楽しかった」と言えるような仕事ができたということで本当に素晴らしいと思いました。

頭が悪い人間も悪気があって頭が悪いわけではないことをご理解ください

最後のは完全に余談ですが、話をまとめると、子供が大人の目線に合わせるのは無理だから、大人の方が子供の目線に合わせてあげるように、どうか櫻ヰさんのほうでまわりの人たちに合わせてあげる努力を続けてあげてほしいということになってしまいます。

要求ばかりが多くなってしまい、櫻ヰさんのような頭のいい人ばかりに負担を強いるようで申し訳ない思いもありますが、これも「頭のよさ」という呪いだか祝福だかを受けて生まれた人の高貴なる宿命、それ即ちノブレス・オブリージュであります。

頭のよさを呪いではなく祝福にできてこそ真に本質的な頭のよさなのかなーという気もします。もちろん言うほど簡単なこととは思えませんが、櫻ヰさんはそれができる方だと勝手に思っています。

櫻ヰさんのまわりの人たちというのは、おそらく櫻ヰさんから見れば今後とも物わかりが悪く、櫻ヰさんの頭痛の種であり続けることでしょうが、彼ら、いや、僕らとて決して悪気があってそうしているわけではないことをご理解いただければと思います。

僭越ながら僕が世界中のバカを代表して櫻ヰさんへのこれまでのパンピー一同がかけてきたであろうご迷惑とこれからもかけ続けるであろうご迷惑を謝っておきます。本当に申し訳ございません。不束者ですが今後ともどうかご寛大なご慈悲とご容赦を賜りますようお願い申し上げますm(_ _)m

最後に、もちろん僕では櫻ヰさんと「同程度の情報量と回転速度で気兼ねせず会話の出来る仲間」になどなるべくもありませんが、アカゲザルなりに精いっぱい耳を傾けてお話を聞かせていただくくらいのことはできますので、またなにかあればいつでもお話してくれたらうれしいです。メッセージありがとうございました!

スポンサーリンク

メッセージ

  1. 櫻ヰありす より:

    まつたけさん、こんにちは。
    私の長々として、恐らく一般的には感じ悪いであろう愚痴に、このように丁寧なお返事を頂けた事は感謝に堪えません。

    一つだけ先に言い訳をさせてくださいませ。
    大人が子供に目線を合わせてやるのは確かにその通りなのですが、どちらかと言えば私は子供から大人になったというよりは生まれた時点から既に大人であった故に、子供の目線の高さがどこにあるのかがそもそもわからなくて、平均的な人々の感覚が掴めないまま合わせようとする事はとても難しいなと感じている次第です。

    でも、だからこそ私に対して「こう合わせてくれると助かるよ」とはっきり言ってくださる方の存在は、とてもありがたいものだと感じております。
    然し、それは言う側にとってもなかなか簡単な事ではないのは私自身もよく知っていますので、まつたけさんのように自身の思うところを相手にわかりやすい言葉で伝えられる方は心底から尊敬するばかりです。

    ノブレス・オブリージュの精神というのは私もいつからか自覚しており、出来る限りお相手の目線に合わせる努力はして来たのですが、私としては少し淋しいものがありはしますね。
    立ち止まっていれば膝を折り腰を落として目線は合わせられますが、共に歩きながら同じ高さでものを見たり感じたりは出来ないのだなと…(リアルタイムな双方向のコミュニケーションは難しいという程度の事ですが…

    高IQ団体への参画も、体力が許せばいずれはと考えております。
    その時にはジョディ・フォスターともお話しする機会があれば良いのですが(「羊たちの沈黙」は大好きな映画でして、レクター博士はとても共感出来る憧れの存在だったりします。

    実は私は幼少期に職業としてアイドルに憧憬した時期もあり、お客様やカメラの前で役柄を演じるお仕事はある意味では夢の実現でして、とても楽しく貴重な経験でした。
    まつたけさんの仰るように、アダルト業界に従事する方が社会から逸脱しやすい何らかの傑出した属性を持つ可能性、というものは私も時折考えますので、私個人としてはなかなか鋭い指摘だと感じております。

    今回はまつたけさんの方から私の目線に合わせてくださった事、とても幸甚に思います。
    こうして正直に話して、寄り添ってくださる方もいるのですから、私も出来る限りお相手に寄り添えるように努力を続けたいなと気持ちを新たにする事が出来ました。

    ひとまず今、身近にいる人との会話をどれだけ大切に出来るかをこれから考えていきたいところですね。
    傾聴してくださった事に、重ねて感謝致します。

    • まつたけ より:

      櫻ヰさん、ご丁寧にお返事ありがとうございます!(=^・^=)

      >恐らく一般的には感じ悪いであろう愚痴

      そんなことないと思いますよー!もちろん感じ悪い人もいますけど、櫻ヰさんは本当に今までそれで寂しかったんだろうなーってことはよく伝わってきたので、同じ感覚や問題意識を共有して「わかる」と言えないことが非常にもどかしかったです!( ;∀;)

      お話を合わせる努力はされていてもやはり淋しい…というのも、そりゃそうだよなーと思うし、正直なんとも申し上げられないところですね…

      それがメンサであるかどうかは別としても、櫻ヰさんが同じような優れた知性を持った人たちのコミュニティなどで、居心地のいい居場所を見つけることができたらいいなーと思っております。

      ハンニバル・レクター、猟奇殺人鬼なのにやっぱりちょっと憧れちゃいますよねw

      僕みたいなポンコツとお話していただけてすごくうれしかったし楽しかったです!

      またなにかあればいつでもお話してください!メッセージありがとうございました!(=^・^=)

    • 0090 より:

      おい、この高IQ者共
      発言がいちいち腹が立つわ。
      まつたけさんが「大人が子供に話しを合わせるよう」という喩え話で譲歩して下さってるのに
      「いや、俺は生まれたときから大人だし」とか
      更に自慢げに言うな。ややこしくなるわ。
      普通の人の感覚が理解できないと言っていたな
      だから少し教えてやる。
      お前らの悩みに対する俺という凡人の感想は
      「地獄のミサワを地で行く人達」てな感じだ。
      そうだ、お前らはまるで金持ちが
      「金ありすぎて困るわ〜」と、
      美形が「異性にモテすぎて困るわ〜」と言ってる
      光景にそっくりだ。そんな人を煽るようなことしたら敵を作ってしまうくらいわかるだろ?
      長くなりそうだからこれくらいにする。
      最後に一言言わせてもらえば
      そういう愚痴は自分と似た奴らどうしにぶつけろ。
      俺たちを煽るな。

  2. shiki より:

    始めましてまつたけさん。いきなりのコメント失礼致します。私は21才の男です。 インターネットにて 高IQの 悩みを検索し共感できるものがあればと 探していました所こちらの記事を拝見させていただきました。
    非常に興味深く読ませていただきました。コメントを書かせていただきます。
    私も結果的に愚痴になってしまうのですが、目を通していただけると幸いです。
    自分自身、高IQ、または高知能により 悩んでいる真っ最中です。
    私の場合 記憶、他人の感情の理解力があまりに高く、 そのせいで 人間関係の築き方について究極の感覚に陥っている状態です。
    このような自分の話を、まだ21前後の周りの人間や、周りの大人に 多少なり話すと、 世の中に冷めて人生を悟っている少年だと軽くあしらわれ、よくいるよそーゆーやつ!とまるで相手にされません。職場に限って話をすると私の能力(仕事や話のセンスや自分の思想感覚など)に対し露骨な嫉妬を見せ 職場内でも蹴落とされる事もあります。

    私なりにも プライドや自分の能力を仕事に生かしたい気持ちは多少なりともありますが、 それを見せてしまうと、上司であればあるほど「自分達が培ってきた経験がひっくり返され馬鹿にされているようだ」と 明らかな嫌悪感が伝わって来る上、一例ではイタズラによる私へのミスの誘導などが多発し、唯一中卒の私を買ってくれていた社長を裏切る形で退社する事となりました。
    もちろん周りの全員がそうという訳では無いし、職場によりガラッと変わる可能性もあります。しかし日本人の動物としての感覚が 他人とあまりに差があり、 自分がおかしいと思うようになってしまいました。

    まだ短い人生ですが、私の能力を買ってくれている人間に私なりにたくさん出会いました。 偶然出会った反社会的勢力の方や、寺院等のお坊さんなど、非常に興味を示してくれていました。
    色々な方と話している上で たくさん知識が増えました。それについてはとてもありがたいと思っています。
    しかし、私の悩みを理解できる人には出会えませんでした。

    どんな物事でもその人に合わせて分かりやすく説明出来たはずが、この悩みについては毎回 ? と返されてしまいます。
    でも良かったじゃん!すごいじゃん天才だね! 羨ましい!と毎回同じ反応に出会います。

    私はこの「能力」に対し、良かったなと思えなくなっています。
    確かに 若い頃(?)にこれをやったらかっこいいぜ!と思った 勉強、歌唱力などなんでも極めたいと思えば世間の評価による数字としてすぐに現れ、ある程度の高レベルまで到達出来たり、それに加え話の上手さでたくさんの友達が出来、嘘も上手いので、人生余裕すぎ!やったー!俺やっぱすげーや!と思っていた時期もありました。
    ですがすぐ習得してしまうという事が自分の中でつまらない、挑戦感の無さ、新しいことを始める意欲の低下に繋がりました。
    周りから何でもできるからすげーな!と囃し立てられる中、気づけば物事に対する興味がほとんどなくなっていました。
    それから高校も中退し、少しづつ有名になっていたバンドも自分から解散し、現在は夢というものさえ無くなりかけています。

    そんな中、インターネットでこちらのブログを含め高IQな方々の悩みというページを見て とても共感できる部分があり、櫻ヰありすさんのメッセージに驚き、コメントした次第です。
    私はこの悩みを他人に話す機会はもう無いと思っていましたが、 この広すぎるインターネットにおいて、少しでも誰かの教授があればとても励みになり嬉しく思います。

    支離滅裂な長文、稚拙な文章で読めない部分もあったと思いますが、少しでも目を通していただけたら幸いです。
    失礼いたしました。

    • めりー より:

      私も同じです。仲間がいて嬉しいので、その喜びだけここに表現しておきます。知能と幸せの量は比例しません。だから、頑張れば手に入るのが、幸せだと思います。

  3. Smithd495 より:

    Thanks so much for sharing this excellent info! I’m seeking forward to see much more posts! bcagbeddbcceabdk

  4. 1019 より:

    0090さん

    通りすがりに、しかもやや以前のコメントに返信失礼します。

    あなた様がどの様な経験をされた上でコメントなさっているか存じませんが、そう感情的にならずに、まずは落ち着いてご覧になってはいかがでしょうか。
    高IQでも低IQでも、平均IQでも、結局のところ生きていれば何かしら知能絡みの悩みはあるものです。その方向性が違うだけで。それに関してとやかく言うことは、ここでは恐らく本質を欠いていると言わざるを得ないのではないでしょうか。
    この場合で重要なことは、相談者様の悩みを解決するためにどういう選択肢があるか考えることであり、悩みの存在そのものや、打ち明ける行為そのものを否定することではないと思われます。

    隣の芝生は青いとか言いますが、青ければ青いなりの悩みもあると言うだけの事ですよ。
    建設的に考えましょう。

  5. 匿名 より:

    個々のコメント者さんのポイントに、明確に知能差があらわれているのを見て驚きました。。。相談者さんの訴えに沿ったコメントでなく、個人的感情や妬みをあらわす行為は低知能者やマジョリティー(平均知能者)独特の行動ですが、それもまた、まつたけさんがおっしゃる「悪気はない」で片付くので目からうろこです。。。確かに、低知能者やマジョリティーにはそのような思考回路しかないご様子です。。。これは、どこででも立証出来ます。

    私は知能が平均以下(IQテストで70くらいでした)な故、相談者さんと同じような「孤独感」があるので共感を覚えました。人が話してくれても知らない言葉の連続で、外国語かのように理解不可能です。時に相談者さんのように腰をかがめて話してくれる(子供言葉にしてくれる)かたも居るのですがさぞや疲れるだろうと察しています。出来るだけ関わらずにこちらから去る様にもつとめています。

    孤独で寂しいです。自分と同じ知能指数の結果を持っている友人たちは、入れ墨や大麻ばかりに夢中で…。一口に低知能といっても、低知能の世界は高知能の世界とはちょっと違っていて、知能レベルの共通で話しやすくなる事が無い様に感じています。低知能の世界では、真面目派と反社会派の隔たりが大きいです。高知能だと善悪を分別する思考力が高いし理性のコントロール力も高いので、道徳の崩壊も少ないですが…私のいる低知能の世界ではその2点の能力が大きく欠落している人がとても多いので、合う人を見つけるのが本当に難しいです(泣

    知能と人格 、この2つがマッチ(出来れば興味の対象も)する人と人生を共にする事がこんなにも難しいだなんて、寂しくてたまりません。中卒だけど天体観測がしたいのです。中卒だけどオーケストラを生で聴きたい。中卒だけどヴァイオリンに夢中です。読み書きが小学低学年レベルだけれどナショジオをスラスラ読みたい。遺跡巡りをしたい。外国語を学びたい。
    けれども、、、低知能の世界にはこういう身の程知らずな欲求を持つ人が少ないです。

    孤独で孤独で、しおれてしまいそうに寂しいです。
    とても寂しい。。。

    相談者さんの孤独という感覚、わかります。。。泣泣

    まつたけさん、
    まつたけさんが大好きです。
    どんな真剣なトピックでも、ユーモア溢れる文体でリラックスして読めます。読字障害のある私が読む苦痛を感じないって本当に凄い文才です。

    ひとつ悲しいのは、虐待を受けた人特有の自虐表現です。まつたけさん、どうかどうかご自信を卑下せずにいて下さい。私も被虐待者なので(しかもドーパミンD2多型…)心にも脳にも、大きな損傷があるので、自己をそう表現です気持ちも行為も痛いほど分かります。

    これからもずっと応援させて下さい!

  6. 匿名 より:

    まつたけ さん、再度、失礼致します。雑談ですみません。

    「ドーパミンD2」ではなくて「ドーパミンD4」受容体でした。誤字、ごめんなさい。

    ドーパミンD4受容体遺伝子多型の人(HSP)は、虐待や劣悪な家庭環境による脳のダメージが大きく、海馬萎縮も大きくなりひどく記憶力の悪い脳になってしまいます。典型的なPTSDの出来上がりです。

    近年の脳科学分野での研究結果で、マインドフルネス(瞑想)をすることで海馬容積が増える事が突き止められました。あちこちのTVでも、恩恵の多いこのマインドフルネスが特集される様にもなってきました。

    五十路の悪あがきですがガンバります(泣

  7. め・・・ より:

    まつたけ様 初めまして
    《大人が子供の目線に合わせる》の例えは、少し意味が違と思います
    知能の高い人にとって、当たり前程度の事でも、知能の低い人は議論するのです
    そこに何を言っても理解出来ない、だから噛み砕いて話す、
    《噛み砕いて話す》が《大人が子供の目線に合わせる》に当てはまりますが、噛み砕いても理解されないのです、
    何故なら、それ以前に知識量と知識の活用力が低いのです、理解出来るだけの知識と思考能力が無い人には、知能が高い者同士の流れる様な会話の一点だけでも理解させるのに、何分、何時間、何か月、掛かるか解らない、一生理解出来ない事も有るでしょう、

    本人は自分の頭で物事を考えてるつもりでも、他人の意見に流されてて、それにも気づかない、知能の低い者同士で根拠の無い情報が広がりやすく、多数意見だから正しいと思っている
    知能が低い人が多数居る環境だと、高い知能を持つ人の事を、変な事を言うからと言って、頭が悪いとしか思わないんです、

    二つ上のコメントに
    《高知能だと善悪を分別する思考力が高いし理性のコントロール力も高いので、道徳の崩壊も少ない》と有ります、それは正解だとは思いますが

    知能が高くても、良心を持たない人がいます、道徳なんて言葉は存在しない脳の持ち主です、知能が高いからと言って、信用出来る訳では有りません、
    危険極まりない生き物で、結構な割合で存在しますが、気付く事が難しいだけです。

  8. ふざけるなよ より:

    羨ましい、こんな悩みを持てることがね。
    私は小さな頃から、母親似の自分の頭の悪さを、並み外れて学力のある無神経な父に罵倒されて育ち、人生の途中からは自分を肯定できなくなった。

    親にも三歩歩いて忘れる鶏、死ねばかちょんなどと言われ、若いときから自分を卑下しなければいられなくなった人生となり、どれだけ苦しめられてきたか、並外れて賢い人間には分からないよね。

    一番苦しみを受けてるのは、賢い人間ではなく、賢い人間の存在に苦しめられ妬むしかないその他大勢だよ。

    人並み外れた頭の悪い人間よりは、人並み外れていようと優れた人間に生まれる方がよっぽどましな人生を送れると思うよ。

  9. ゆきんこ*るいこ より:

    現在統合失調症療養中で、一昨年アダルト業界を卒業しました。
    いつからIQ85になってしまったのかさだかではありませんが、日本語が理解できず他人の顔も判別できないくらいのキチガイになっていたようです。
    197×年生まれですが、頭が良すぎて七歳の頃には少子高齢化になる日本に絶望していました。
    個人的にその対策も立ておりましたが、発狂したさいに対策費用、信用、友人、全てを失いました……。狂う前にペットロスになったことや、発達障害の親からの日常的な虐待などストレスだらけでした。
    アダルト業界に居たこともストレスでした。煩わしい人間関係に悩まされずに高収入だけが魅力でしたが
    普通の家庭に生まれていたなら、違った結果になったのかもしれないなと考えてしまう時には、親への憎しみが沸き上がりますが、親の脳障害は親自身の責任ではないので怒りの落とし所すらありません。

    唯一IQ85になって得たられたことがございます。
    アホの気持ちが理解できるようになれたのです。
    そして、立派なアホに恋をしたのですが、他のコメントを書かれた方のおっしゃる通り、アホは刺青や大麻が大好きなアホでした。こんな共感力も、アダルト業界を卒業した今になっては必要なく(あってもなくてもいい、かな)
    わたしの人生って無意味だなーと鬱になったりならなかったりの毎日です。
    長々とすみません…コメントを書いていたら久々に食欲が復活したので、食事をしてきますね。
    えーと、頭が良すぎて困るなら、発狂すると良いですよ!(財産や友人を守りきれる術があるなら)

  10. 匿名さん より:

    お気持ち察します。アホな親とアホな子供の板挟みで疲れます。

  11. 匿名 より:

    ここの記事を読む限り、自分を理解し、自分の満足出来る生き方をできる奴が、本当に賢い奴なんだろうなって思うわ

  12. はぐれ者 より:

    高IQ、と言いますか…余計なギフトを贈られた人間は正直辛いです。
    唐突に自分語りをさせていただきますが、私は生まれつき検証能力が高いらしくあらゆる方法を試行し実践していたためか人よりも飲み込みが早いと言われていました。
    当然教育機関では自分の存在は浮く一方で、初等、中等教育を受けていた時代には刺激を求めてよく問題行動を起こしたものです。高校では頻繁に欠席していました。
    そこで思うところがあるのですが、日本の教育にギフテッドを見出すシステムはどうして浸透しないのでしょうか。どうして実力を発揮できない場面で押し込められて生活しなければいけないのでしょうか。どうしてそれが「社会だ」と言いくるめられなければならないのでしょうか。まるで一般道をレーシングカーで走らされているようです。スピードが出せない一般道ではレーシングカーは乗り心地の悪いただのガラクタです。
    「普通」であることがどれほど難しいのか「普通」の人にはわからないのでしょう。
    大多数存在する人間が「普通」になってしまうのですから。
    世の中に高IQの人だけがいて今のIQ130がIQ100になる時代が来ればなぁ。
    まあきっとまた堂々巡りするだろうけど。