シェアする

癇癪持ち&やきもち焼きの子供が愛情に満足してくれない

シェアする

このブログにまさかの子育ての悩みのご相談をいただきました(とりあえず「家族・家庭の悩み」カテゴリを新設しました)。僕のような育児経験なしの育児なしにいろんな意味で答えるのが難しいご相談をありがとうございますm(_ _)m

まつたけさん、大喜利ブログ(違)開設おめでとうございます。
ちょっと聞いてよ生電話のノリで、まつたけさんに悩み相談致します。

発達障害児と癇癪持ちの子供二人を持つ母親なのです。
どうしても発達障害児に手がかかり、更に不登校ドン!という感じで問題が山積みなんですけど、悩んでいるのはそっちでは無く、癇癪持ちのJSです。

ごろんごろんさん、ちょっと聞いてよ生電話のご利用ありがとうございますm(_ _)m

発達障害児と癇癪持ちの子供二人を持つお母さんということで、子育てどころか家庭や家族そのものと縁のない僕に言えることなんて正直あるはずないんですけど、せっかくメッセージいただいたからには無理矢理にでも何かひねり出す我が心意気をとくと見よ!(やけくそ)

スポンサーリンク

やきもち焼き&癇癪持ちの子供の子育てについて

何しろ、やきもち焼くのが酷い。
不登校の方の子と二人でいる姿を見てはキレる。見知らぬ赤ちゃんに手を振ればキレる。癇癪っ子のお友達と話していてもキレる。TVで何かを褒めてもヤキモチ。

一応、一緒に寝たり、二人の時間を作ろうとしたり、おやつは癇癪っ子の方から配ったりとしているんですが、どうにも満たされてくれません。
赤ちゃんの頃から、夜泣きや何をしても泣き止まないといった事で、私自身育児ノイローゼに追い詰められかかった時も有りました。

保育園の時も担任の先生に「癇癪っ子ちゃんは他の子だと満足する抱っこでも、長い時間を掛けないと満足しませんね」って言われた位です。

ハグとか褒める位じゃ満足してくれず、ほっぺにちゅっちゅを要求して来たりと、付き合いたてのカップルみたいで困惑しております(ちゅっちゅするけども)

実際問題としては不登校児に手が掛かっているのが現状なんですけど、少ない時間ながらも癇癪っ子ちゃんにも満足して貰える様にしたいと悩んでおります。

やっぱり、キレられると、私もカッときちゃうし、怒れば「私の事嫌いなんだ。・゜・(ノД`)・゜・。」とか言ってくるので、私も精神的にキツイです。

未婚っぽいまつたけさんからすれば、育児相談なんてちょっと余所でやってって感じかもしれませんが、是非是非、アドバイスを頂ければ嬉しいです。

私自身追い詰められる時がありますが、下らない下ネタやクソコラを作っていると段々楽しくなって来る位にはガス抜きできてると思います!!多分!

ではでは、お返事いただけるかわかりませんが、よろしくお願い致します(:D)| ̄|_♡

子供の癇癪について児童書や育児書を読んで勉強した結果

子供とか育児とか縁がなさすぎるため、あまり無責任なことも言えないと思い、とりあえず児童書や育児書のたぐいを数冊読んでみました。子供の癇癪について詳しくなりました。しかし僕が結婚して家庭を持ったり子供を持ったりすることは生涯ないので、特に役立つことはないと思われます。

というか、ちょっと本を読んだら書いてあることくらい、実際に悩まれているごろんごろんさんはとっくにいろいろ試されてみて、そんな本なんかに書いてあるようにはうまくいかねえじゃねえかバカヤロコノヤロウ!ってことだろうと思います。

しかも、ある本には「無視しないことが大事」って書いてあるかと思えば、別の本には「構うと癇癪を起こせばかまってもらえるとつけあがるから放っておく」とか、わりと真逆のことが書いてあったりしてふざけんなって思いました。子供もいないのに育児ノイローゼになりかけるレベル。

ほんと子育てとか、大変すぎて、自分には無理ゲー過ぎて、世のお母さんたちには頭が下がります。。。m(_ _)m

満足するまで愛情を注ぐ…の難しさ

まあ「無視しない」派にせよ、「癇癪を起こしても構わない、外では毅然と注意する」派にしても、「普段から愛情を注ぎ、癇癪を起こさなくても愛情を注いでもらえることを理解させる」という点ではおおむね一致しているようでした。

でも当然愛情なんて注ぎまくっているだろうに、それこそ付き合いたてのカップル以上に注いでいるだろうに、さらにそれ以上注ぎなさい、なんて言われたら、お母さんのほうが疲れて育児ノイローゼになっちゃうよ…って思います。

実際問題としては不登校児に手が掛かっているのが現状なんですけど、少ない時間ながらも癇癪っ子ちゃんにも満足して貰える様にしたいと悩んでおります。

どちらがお兄ちゃん(お姉ちゃん?)なのかわかりませんが、やはり兄弟となると1人だけに愛情を注ぐわけにもいかず、まして一方が発達障害や不登校といった問題を抱えているともなれば、2人を物理的に同じ手間や時間をかけて面倒を見るということは難しい、というかほとんど不可能のように思われます。

そもそもどこに問題があるのかもはっきりとはわかりません。不登校のお子さんの面倒を見るのに忙しく、癇癪持ちの子にとって十分に時間をかけられていないことが問題なのか、それとも

赤ちゃんの頃から、夜泣きや何をしても泣き止まないといった事で、私自身育児ノイローゼに追い詰められかかった時も有りました。

ということで、ほとんど生まれながらの固有の性格のようなものなのか、僕には何とも言えません。

今回のメッセージをいただいて児童書や育児書を読んで勉強した結果、知識だけならにわか育児通くらいにはなれたかもしれませんが、結論から言って癇癪持ちのお子さんの子育てについて、具体的・実際的に示せるような解決策やアドバイスのたぐいは一切見つかりませんでした。というかどれもそんなこと実際に悩まれているごろんごろんさんはとっくに知ってるわ!ってものばかりだと思います。

お子さんのケアの前にお母さんご自身のケアが大事

なので、僕に言えることといえば、しいて言えばお子さんではなくお母さんご自身のケアについてです。

「私も精神的にキツイ」、「追いつめられる時がある」、「育児ノイローゼになりかかった」ということですが、本当にお疲れ様ですとしか申し上げようがありません。といって、やはり子育ては「疲れたからちょっと休暇を入れる」といったことができない(難しい)仕事だもんなーということも思います。

ゆっくり休んでる余裕もなければ、ましてや育児ノイローゼになったりご自身が疲れきって壊れている場合でもない…というプレッシャーがまたお母さんを追い詰め…という、考えれば考えるほど僕には何も言えないしなんとも言えない世界のお話です。

ごろんごろんさんもおっしゃっていましたが、そうなると後はいかに子育てをしながらも上手にガス抜きができるか、ということが大事なんだろうなーと思います。

そして、お母さんがちゃんとガス抜きできているかどうかということが、多分大人が思っている以上に子供やお子さんにとっても重要なことなんじゃないかと思います。

スポンサーリンク

子供に何をしてあげるかよりもお母さんがどういう態度や表情か

もちろんお母さんのほうでそんな気やつもりはなくても、結果的に「(お前のことで)こんなに疲れてるんだから」感が出てしまうと、子供は母親の微妙な表情や態度から敏感に察します。

はっきり言って、お菓子を先にあげるとか一緒に寝てあげるとか、「何をしてあげる」という部分は子供にとっては本質ではない気がします。それよりもお母さんが自分と一緒にいてくれるときどういう態度や表情なのか?という部分が大事な気がします。

お母さんにいかにも「してあげてる」感や疲れた表情で接せられることはお子さんにとっては苦痛だし不満でしょうし、逆にお母さんが自分と過ごす時間を楽しそうにしていれたら子供も安心するしうれしいと思います。

そこにあるのは「何をしてあげた」とか「そのために何時間を費やした」といったことではないような気がします。

…といったどんな育児書にも児童書にも載っていなかった僕の勝手かつ無責任な独断と偏見理論によると、ごろんごろんさんの

下らない下ネタやクソコラを作っていると段々楽しくなって来る位にはガス抜きできてると思います!!多分!

ということがすごく重要で正しい方向性だと思われます。言いましょう、下ネタを!作りましょう、クソコラを!そしてバンバンガスを抜きまくりましょう!…ガス抜きだからブーブーかな?

ナウシカ

風の谷のナウシカの尻の谷のまつたけ…

※ごろんごろんさん作。スタジオジブリの方へ。全責任はごろんごろんさんにあります。僕は無関係ですのでよろしくお願いします。

お母さんが疲れていることが子供には不満だったりするかも

癇癪持ちのお子さんと一緒に過ごしたり一緒に寝てあげるにしても、あまり「してあげてる」感が出てしまうと、お子さんのほうでも不満に感じてしまうかもしれないし、ごろんごろんさんも疲れてしまうと思います。

そこはもうちょっとお母さんも好きに過ごしている感がほしいというか、その結果としてあなたと一緒に過ごしているし一緒にねんねしたいのよといった感があると好ましいというか、まあ100%ナチュラルになんてやれるはずないわけで、どうしても結局打算めいたものも混じってしまうと思うんですが、極力お子さんの面倒を見ることから「労働」感がなくなるとよいのかなーと。

いつも「あなたたちの面倒で疲れている」感じのお母さんより、お母さんも好きにしてるしくつろいでるし、といった過ごし方ができれば理想には決まってますよね。まあ疲れるに決まってるんだしなかなかそんなふうにはいかねえから苦労してんだろうがこのボケナスがって感じだとは思いますが。。。

でもまあとにかくそういうことです、要するに下ネタ&クソコラです(?)。バンバンブーブーパンクブーブーガス抜きをなさってください。

ポニョ

ぽにょ、まつたけ好きー!

※ごろんごろんさん作。スタジオジブリの方へ。しつこいようですが全責任はごろんごろんさんにあります。僕は無関係ですのでよろしくお願いします。

下ネタ!クソコラ!ガス抜きできればなんでもよし!

まとめます。お子さんのケアについては専門家じゃないし正直何も言えません。ただ、子供をいかにケアしてあげるかということばかりに気を取られると、お母さんが疲れてしまうし、そして実はそのことがお子さんにとっても悲しいし不満に感じてしまうかもしれません。

子供に「何かしてあげる」、「愛情を注いであげる」といった「与えてあげる」意識以上に、お母さんご自身のケアや、お母さんご自身も満たされるような接し方が理想なのかなという気はします。

まあそうはいっても実際には手のかかることばかりでお母さんが癒やされたり満たされたりしてるような暇なんてないっつーの!っていうのが現実なんだろうな…と思うのでこの程度のクソみたいな綺麗事しか言えずに今わりと本気で切腹したい感じに申し訳ないんですが。

半ば僕の方もやけくそですが、とにかく少しでもごろんごろんさんがご自由に過ごせるお時間が持てた際には、もういくらでも好きなだけ下ネタでもクソコラでも、ガス抜きしまくっていただければと思います。

僕でよければ、犠牲になる覚悟はできていますっ…!(泣きながら)

エボシ御前

大地に勃つ

※ごろんごろんさん作。スタジオジブリ及びサンライズの方へ。全責任はごろんごろんさんにあります。僕は無関係ですのでくれぐれもよろしくお願い…このたびは誠に申し訳ございませんでした…

エボシ御前のは何なの?「わが夫となる者はさらにおぞましいものを見るであろう」ってこういうことだったの?

ガンダムのやつにはタイトルまであって、「まつたけ大地に勃つ」だそうです。本当に怒られるぞ…?燃え上が~れ~ 燃え上が~れ~ 燃え上が~れ~ガンダム~♪って主題歌まで完全に炎上を煽ってる感じにしか聞こえなくてこわい…

2人のお子さんの育児、本当に大変だと思いますが、ごろんごろんさんもどうか少しでも息抜きされながら、なんとかかんとか戦いのような毎日を乗り切っていただければと思います。メッセージ&クソコラありがとうございました!またいつでもどうぞ~!

スポンサーリンク

メッセージ

  1. ごろんごろん より:

    ありがとうございます!
    爆笑しながら読了致しました‹‹\(*´◇`*)/››
    まつたけさんの「気軽にどうぞ」というお言葉に甘えて、畑違いな悩み相談をしましたが、して良かったです。まさかの育児書というお手を煩わせてしまった事に申し訳ないやら嬉しいやら。真剣に向き合って頂き、本当にありがとうございます(:D)| ̄|_

    確かに癇癪っ子は驚くほどに生まれ持った特性でしたw
    環境だけが性格を形作るんじゃ無いんだなと実感しておりました。
    実際、上の不登校児は早期の頃から発達障がいがわかったせいか、物心ついた頃から療育や病院やらあちこち奔走していて(仕事もしていたので)、私はいつもぐったりしていたなぁ、と。そのせいか、癇癪っ子の相手も、とりあえずおっぱいでも吸っとけみたいなおざなり感があったのかもしれません。

    遊んでやってる感が伝わっていたんですね。
    だから、愛情を確かめるような物言いが多いんだわと思い当たる節が…。うおおお反省反省

    時折、「ママは力抜いて笑ってなきゃ」と言われる事があります。そういう時は逆ギレしながら泣く、っていうオチになるのですが、まつたけさんの言葉は、本当に自然に胸に染み込んで、気がつけば爆笑していました。
    笑ってって言われて笑えない。゚(゚∩´﹏`∩゚)゚。笑わせて貰えれば笑っちゃいます♡♡

    下ネタが好きなんですけど、さすがに家族にもママ友にも言えないので、これからも率先してまつたけさんに絡んでいきますね❤️わーいわーい❤️(まつたけを握りしめながら)

    本当に回答し辛い相談にお答えいただきありがとうございました!
    私も癇癪っ子の甘えも受け止めつつ、ホステスに通うおっさんのような心持ちで甘えたり癒されたり楽しんでいきたいと思います!
    まつたけさんにも楽しい事が起こりますように✨
    今後もブログ楽しませて頂きます‹‹\(*´◇`*)/››ありがとうございました♡♡
    まつたけさんのまつたけアイコンの先っぽのテカリが好きなんですよねぇ(∩˘ω˘∩ )♡
    クソコラ楽しいです✌(‘ω’✌ )三✌(‘ω’)✌三( ✌’ω’)✌

    • まつたけ より:

      ごろんごろんさん、ご丁寧にお返事ありがとうございます!m(_ _)m

      いやぁなんと申しますか…自分でこんなブログ始めといてなんですけど、やっぱり今回みたいなご相談だと特に、もうそのことで誰よりも一番悩まれたり苦しまれているのは相談してくれたごろんごろんさんご本人なわけじゃないですか…

      その方に対して僕ごときが、ましてや育児だのお子さんのことだの、経験もねえくせに生意気な口叩いてんじゃねえぞカス!と自分を戒めながらの文章作成、非常に悩ましいし難しい…ので、読んでくれたごろんごろんさんにそう言っていただけるとこれはもう本当にうれしいです!

      内容的にはお役に立てるようなことは何一つ言ってないと思うんですが、笑ってくれて少しでもお気持ちが軽くなっていただけたならこれ以上の喜びはありません!…あれ?ちょっと今僕いいこと言ったんじゃね???(^q^)

      甘えさせてあげてばっかりじゃいくらお母さんでも疲れてしまうと思うので、たまには逆に甘えちゃってください!
      …案外そういうのがお子さんにとってはうれしかったりするかもですし。
      やっぱり一番の大前提ってお子さんはごろんごろんさんのことが大好きだってことだと思うんで、面倒かけたり疲れさせちゃうことが本意ではなくて、力になれたらうれしいって気持ちもあると思うので。

      僕のことまでありがとうございます!

      まあ僕も誘い受け…とまでは言いませんけど、べ、別にごろんごろんさんのクソコラ、嫌いじゃないんだからね!////

      クソリプ&クソコラ、いつでもお待ちしておりますw
      引き続きよいGWを!おやすみなさいませ!(=^・^=)

  2. 二児の親 より:

    こんにちは。手探りで夢中で子育てしただけの者です。
    私などよりも遥かに難しい問題に毎日向き合っていらっしゃるごろんごろんさんには、到底お足許にも及ばぬ者ですが
    お話を読ませていただいて、お子様が愛情を激しく求めるご様子が、私の知っている人のケースに似ていると思いました。それで思ったことがあります。
    まつたけさんからのご回答がすばらしいのでもう付け加えることなどないと思ったのですが…。
    お子様は、自分がお母様にとって価値が高い存在だと確認できたときに、満足してくれるのではないでしょうか。
    ですので、お子様とご一緒の時にお母様が楽しそうであったり、二人きりの時に「あなたと一緒だと幸せ」と言葉にしたり
    お子様が何かしてくれた時に感謝の気持ちを強めに表現したりはいかがでしょうか。
    何か「あなたがいて本当に幸せ、ありがたい」という気持ちが伝わりやすいような声かけを試されるのも良いかと思いました。

    • 二児の親 より:

      続きです…私が申し上げたようなことはきっと既に、ごろんごろんさんは心がけていらっしゃるかもしれないですよね…。
      どんなふうに対応しても愛をわかってくれない相手を前に、気持ちがすり減る経験、私にも覚えがあります。
      私の場合はその相手は我が子ではなかったし、私よりも先に他界したので、
      まして、もしそれが子供のことだったらと想像すると、ごろんごろんさんの日々のストレスはいかばかりかと思いました。
      どうかお疲れが癒えますように。

  3. 知らず より:

     まつたけさんのご回答が前に愛情の勉強のため読んだ「あふれるまで愛をそそぐ6歳までの子育て」という本(良い本でした)で書かれていた本質と重なっていて、まつたけさんはすごいなあと思いました。(感想)
     ぐずったり困らせたりするような子は我慢している分の愛情を満たされるまで注ぐ、みたいな本です。

     その本の一例で、電車が好きで見たいと言った子供に、お母さんが(子供が見ている前で)鉄道会社に問い合わせて、通る時間を調べて、一緒に見に行った、というお話がありました。
     お母さんが自分の為に調べて、一緒に行ってくれたということが大事なのだと。
     お母さん自身がどういう様子なのか、というのもまつたけさんのおっしゃっていたようなことです。

     ごろんごろんさんが文面を見ているだけでエネルギッシュで素敵な人だなあというのが伝わってきて、コラとやり取りを拝見していたら何だか楽しい気分になりました。
     ありがとうございます(?)。

  4. 池内祐佑 より:

    職場では楽しくても家に帰ったら嫌なことがあるからどうしていいかわからない。