シェアする

恋愛感情がわからない20代女子だが結婚したいし子供はほしい

シェアする

22年間独り身女子さんからお問い合わせフォームにメッセージをいただきました。記念すべき本ブログ初の恋愛相談(?)です、誰も僕に恋愛相談なんてしてくれやがらねえと思って完全にいじけかけてたのでうれしいです!ありがとうございます!( ;∀;)

まつたけさんこんばんは!いつもまつたけさんツイート拝見してます。

絡んだこともないのにいきなりメールをすみません…リアルで接している人間に悩みを相談するという事が中々出来ず、まつたけさんとお話出来たらなと思いましてメールを送らせて頂きます…!

私は今年22歳でして、人と付き合ったことがありません。人を好きになる感情も忘れてしまいました。もちろん性行為等もした事がありません。(こんな話すみません)

謝ったりしなくても大丈夫です。なぜなら僕は人の性行為の話を聞くのが(行為の有無も含めて)大好きだからです22年間独り身女子さんの真剣なお気持ちはちゃんと伝わっているからです。

ていうかどう考えても恋愛相談とは明らかにベクトルが違う感じなんですけど、ちょっと強引に恋愛相談カテゴリに入れさせていただきました、なぜなら恋愛相談とかされてみたかったから!( ;∀;)

スポンサーリンク

親に孫の顔は見せたいけど人を好きになれない

この先本気で人を好きになる事ができない気がします。

たまに周りから、顔が好きじゃなくても性格が合わなくても、軽くノリで付き合ってみたら?と言われたりもしますが、私には到底ムリそうで…

好きになるにはまず出会わなければ!と思い男女の飲み会(いわゆる合コンも含む)も行かないとなと思うけど如何せんそのような場所がかなり苦手で、男性と話すのも苦手。

父は死別で母子家庭の母ひとり子ひとりなので、いずれは結婚して孫の顔を見せてあげたいと思いますが今のままでは難しいかと…。

長々と一ネット民の言葉を書いてすみません。

22年間独り身女子さん、正直な胸の内をお話してくれてありがとうございましたm(_ _)m

セックスや異性と付き合ったことがない、そもそも恋愛感情を抱くことができない、それなのにとりあえずのノリで付き合ってみたり突き合ってみたりすることもできそうにない、だけどお母さんに孫の顔は見せてあげたい…

…ううっ、最近歳をとって涙もろくなってしまったせいか涙ぐんでしまいました…( ;∀;)

「とりあえず」で付き合ったりセックスできないのは自分を大事にしてるから

なんていうか、22年間独り身女子さん、ひとことで言うとマジメ!いまどき「ちゃんと好きになったわけでもないのにノリで付き合ってみるとかしたくない」みたいな女の人って相当少ない気がします。

中学高校生くらいまでならまだしも、17歳~22歳くらいまでの間にかけて、男と付き合ったことがなかったりセックスの経験がなかったり、それが恥ずかしいとか嫌だという理由で、何の好意や恋愛感情もなく、ゴミみたいなつまらないクソ男で手を打ってとりあえずセックスだけは済ませておく、みたいな女性もわりと多いような気がします。

まあ女性に限った話でもないしそもそもがただの僕の独断と偏見と憶測でしかありませんが…

その点22年間独り身女子さんは、マジメというか、ご自分のことを大切に考えられているのかなという印象を受けました。

お母さん思いの母子家庭の母ひとり子ひとりとか美しすぎかよ…

ただそのことと「結婚はして子供はほしい」というのが微妙に結びつかないから難儀ですよね…

人を好きになる感情も忘れてしまいました。もちろん性行為等もした事がありません。(こんな話すみません)この先本気で人を好きになる事ができない気がします。

といったお気持ちは自分にもよくわかり、「それならそれで別にいいじゃん」と思って読んでいたのですが、

父は死別で母子家庭の母ひとり子ひとりなので、いずれは結婚して孫の顔を見せてあげたいと思いますが今のままでは難しいかと…。

ということになってくると、複雑ですよね…ていうか今どきなんてお母さん想いないい子なんだ…めっちゃしあわせになっていただきてぇ…( ;∀;)

思ったんですけど、もしかしたら22年間独り身女子さんが「とりあえず」で付き合ったりセックスできないのも、お母さんに大切に育ててもらったからなのかな?みたいなことも少し思いました。

かわいい赤ちゃんの寝顔

純粋に自分の気持ちとしては恋愛や結婚に対して願望があるのか?

とはいえ難しいのは、いったんお母さんのことは抜きにして考えたとき、そもそも22年間独り身女子さんご自身のお気持ちとして、恋愛したいとか結婚したい、子供がほしいという願望がどこまであるのか、というところな気がします。

恋愛願望や結婚願望、子供がほしい願望自体は強いのに、本気で好きになれる男がいないという問題であれば、まあそのうちいい人が現れて…ってことも言えると思うんですけど、22年間独り身女子さんの場合、どこまでご自身の気持ちとしてそういう願望があるのかわかりません。

というか、「まあできたらいいけど…」くらいの感じでわりとあきらめムードというか、ご自身としてはそんなに恋愛や男性と付き合うことに対して積極的になりたいわけでもないような印象を受けました。

もしそうだとするとですが、「お母さんに孫の顔を見せてあげたいから」という理由で無理やり適当なところで手を打って結婚して子供を作ったとしても、果たしてそれで本当に満足なのか?とかいろいろ考えてしまいますよね。

恋愛経験の有無ややらはたは気にするようなことではない

別に22年間異性と付き合ったことがないとか、セックスをしたことがないとか、そのこと自体は当たり前ですが恥じたりコンプレックスに思うようなことではないと思います。

まあ「22歳にもなって」とか「問題に決まってる」みたいなことを言う人はいっぱいいるんですけど、そういう人のことまで気にしててもしょうがないんでシカトでOKだと思います。

もちろんしたくてしたくてしょうがないのにできない、ってことならそれはがんばるしかないですけど、多分22年間独り身女子さんの場合はそういうことでもない気がします。

単に恋愛経験や異性と付き合ったことがないことが悩みやコンプレックスということなら、それこそ適当な男ととりあえずで付き合ってみるとかでぜんぜんいいと思うんですが、多分22年間独り身女子さんの場合はそういうのは嫌なタイプの人なのかなと思います。

2つの気持ちを分けて考えたとき、どっちをより優先するのか?

そもそも恋愛自体には積極的な興味や特別憧れもなく、にも関わらずお母さんへのお気持ちとしてはお孫さんを見せてあげたい、という、まったく一致しない気持ちで恋愛というものを考えているのだとしたら、さぞかし悩ましいのではないかと思います。

もしそういう相反する思いで悩まれているのだとすると、その2つの思いは水と油のようにまったく性質が異なる、交わりようもない別のものなので、最初から混ぜあわせて一致させようなんて無理は考えても苦悩するだけ無駄な気がします。

はじめから無理なことをしようとしているせいで悩んでしまう上に、そもそもその悩みに意味も答えもありません。

とりあえずご自分がなかなか男性を恋愛対象として好きになれないということと、お母さんに孫の顔を見せてあげたいということは切り離して考えたほうがいいような気がします。

結局はどっちを優先するかということだと思います。そして優先する気持ちのためにもう一方の気持ちに関してはある程度犠牲にしたり妥協する必要も残念だけど出てきてしまうのかなという気がします。

最終的な願望や目的をはっきりさせてそこからブレないこと

恋愛(人を異性として好きになること)に積極的になれないのであれば、無理に積極的になろうとする必要はないと思います。そうしなければお子さんはできないということもないからです。

もちろん未婚の母とか体外受精で…とかそこまで極端な話をしているわけでもなく、実際にはなんでもいいからお母さんに孫の顔を見せられさえすればいいわけではなく、ご自分のご家庭を持たれて、家族仲良くやっているよというところを見せて安心させてあげたいというお気持ちかと思います。

そうであるなら、そこからブレないことです。結果を焦って目的がブレても、100%ろくなことにならないと思います。なんでそんな偉そうなことを僕ごときが言うかというと、人としてブレ過ぎてろくなことにならなかったから僕は今こんなことになってしまったと激しく後悔しているからです(死にたい)

仮にですが、どう暮らしてみても好きになれないどころか日増しに嫌悪感しかわかないような相手と一緒になったところで、しあわせになるどころではありませんし、最悪自分たちがセックスして作ったお子さんのことも愛せないという最低最悪の結果にもなってしまいかねません。

もちろんそんなのは22年間独り身女子さんご自身はもちろん、お母さんも絶対に望んでいないと思います。

相手を選ぶ目を「恋愛」だけに限定してしまうとハードルが高くなる

「まずは誰かをちゃんと好きにならないと…」と、恋愛感情から始めようとすると、かえって難しいかもしれません。

いや、もちろん現代の日本ではむしろそれが一般的、というか当然のことくらいに思われていますが、いただいたメッセージを拝読した印象だと、22年間独り身女子さんの場合、そこにとらわれてしまうといつまでもそこから先へ進めない可能性が高い気がします。

22年間独り身女子さんのような知性的なタイプの人は、なかなか恋愛をするのは難しいことな気がします。なぜなら恋愛とはそもそもバカにならないとできないことだからです。

ちょっと残酷な提案のような気もしますが、「お母さんに孫の顔を見せてあげたい」という気持ちの方を優先されるのであれば、この際恋愛についてはあきらめてしまったほうがいいのかなーという気も正直してしまいます。

「恋愛」ということに必ずしもこだわる必要はない

もちろん本当は理想を言えば素敵な人と出会って、一目惚れでも何でも燃えるような恋に落ちて、一緒に深い愛を育んで、プロポーズされて結婚してかわいい子供を産んで…ってできたら理想なのかもしれないですけど、でもそんなお伽話みたいな恋愛してる人なんて0.1%もいないんじゃないかって気がします。

もちろんしあわせな恋愛の先に結婚があって、その結果としてお母さんに孫の顔を見せてあげられたらベストには違いないんでしょうけど、現実的にはそれが難しいから悩まれているということなのだろうと思います。

ただ「恋愛についてはあきらめる」とはいっても、別にひたすら嫌悪感に耐えて我慢したり不幸な結婚をしろと言っているのではもちろんなく、22年間独り身女子さんの中にある「恋愛とはこういうものだ、こういうものであろう」という恋愛をあきらめるというだけで、実際にはその中で芽生えたり育まれる可能性もあると想っています。

スポンサーリンク

恋愛結婚とお見合い結婚の幸福度と伴侶への愛情度

たとえばわかりやすいところで一般的な恋愛結婚とお見合い結婚とを比べると、恋愛結婚は新婚当初こそ幸福度や相手への愛情が高いものの、結婚生活を続けるうちにどんどん下がっていってしまう傾向にあるそうです。

それに対してお見合い結婚は真逆に、新婚当初こそ相手への愛情は大してないものの、不思議なことに結婚生活を続けるうちに育まれていく傾向にあり、十年もする頃には恋愛結婚した夫婦の相手への愛情度を逆転している、みたいな話を聞いたことがあります。

ちょっと数字が正確じゃないので話半分に聞いてほしいんですが、僕はこれはすごくわかる話だと思いました。いわゆる恋愛というのはどうしてもはじめに幻想から入っていってしまいやすいので、結婚して一緒に暮らして家庭生活を送るともなれば、どんどん当初思い描いた幻想は壊れていくに決まっています。

それに対してお見合い結婚は最初から幻想の抱きようもなく、どこか妥協や諦念のような場所から始まっている分、生活していく中で純粋によいところを見つけていきやすいのかもしれません。

恋愛結婚はどうしても結婚生活が引き算になってしまいやすいのに対し、お見合い結婚は逆に足し算にできやすいというふうに言えるかもしれません。

折り合いをつけられるポイントを明確にしておく

もちろん今のはひとつの例え話で、お見合い結婚して子供を作りなさいと言ってるわけではありません。ただ、そんなに最初からあらゆる可能性に目と心を閉ざしてしまわなくても、どんなふうになってもそれなりに開けてくる可能性はあるからあんまり若いうちから絶望するような必要はないんじゃないかと思います。

もっと実際的な話をしてしまえば、結局

顔が好きじゃなくても性格が合わなくても、軽くノリで付き合ってみたら?と言われたりもしますが、私には到底ムリそうで…

とまでは言いませんが、恋愛対象としてまでは見れなくても、たとえば最低限一緒に家庭を築いて暮らしていくパートナーとしては認められるとか、そういう折り合いをつけられるポイントをご自分の中で明確にしておくといいのではないかと思います。

伴侶が恋人である必要はないし信頼できるパートナーでも十分

夫とする男性に望む条件としては、燃えるような恋愛感情が持てなければ嫌なのか、お互いに恋愛感情は薄いかまったくなくても、人間的に、あるいは友人として信頼できるパートナーになれるならそれでいいのか、それともどんなろくでなしでも子種さえくれればいのか。

…もちろん最後のはそんなはずないとは思いますが、わかりやすいので理想と最悪の両極端を示してみました。

実際にはここまで明確なものではなく、こういった両極端の間のどこかになるんじゃないかと思いますが、これを自分の中である程度でもはっきりさせて意識しておくと、合コンみたいな場所に行くにしろ、そこまで積極的に相手を見つけようとは思わないにせよ、だいぶ男を見る目が変わってくるのではないかと思います。

恋愛をあまり過度に絶対視したり神聖視しすぎるのも問題

もちろん22年間独り身女子さんが自分からどうしようもなく惚れてしまうような男性に出会えればそれは素晴らしいことですが、現実的にはなかなか、そううまくいくくらいならこれまでの22年間でとっくに誰かと付き合ったりしてたんじゃないかって話になるわけで、少なくともその可能性だけを信じて待ち続ける人生は無為に終わってしまう可能性が高すぎる気がします。

ですので一応僕のおすすめとしては、少し男を見る目のハードルを「恋愛対象」というラインから下げて、一緒に幸福な家庭を築いて子供を大切に育てていけるパートナーとしては合格かどうか、みたいな基準をご自分の中で明確にされてみてはどうかと思います。

もちろん最低ラインにしても「この人となら幸福な家庭を築いていけるかも」と思えるためには、まったくどこを探しても好ましい部分がないような相手ではしかたないわけですが、あまり過度に「恋愛」というものを絶対視したり神聖視しすぎても、かえって誰のことも恋愛対象として見れなくなってしまうだけかと思います。

相手なんてどうでもいいとか適当でいいとまでは思いませんし、22年間独り身女子さんがこれまでいい加減な気持ちで恋愛をしたり付き合ったりはしなかったというのは好ましいことだと思います。

でももしあくまで「お母さんに孫の顔を見せてあげたい」という思いが他の思いにもまして強いのであれば、相手に求めるものを「恋人」から「パートナー」とか「家庭という事業の共同経営者」とかに変えてみてはどうでしょう。だいぶ見方が変わってくると思います。

人生考えてるようにはいかないけど、なるようにはなる

その上で一緒に過ごしたり暮らしたり、子供を育てたりしているうちに、少しずつ愛情を育んでいけるのであれば、それはいわゆる「恋愛」とは違うかもしれませんが、それも十分にひとつの理想の家庭の形かと思います。

いずれにしても、誰かを好きになるとか、結婚するとかしないとか、子供を産むとか産まないとか、そんな表面的なことより、お母さんにとってもなんにもまして重要なことは、多分22年間独り身女子さんがしあわせでいてくれることなんじゃないかと思うので、辺に焦ってろくでもない選択をしてしまうくらいなら、いろいろ他にも手はあるのかなって思います。

まあ自分がどんなふうに考えてたところで、案外そのタイミングが来てしまえばあっけなく好きな人ができてトントン拍子で結婚して出産…とかもぜんぜんある話だと思うので、なんにしてもそんなに今のうちから人生を決めつけてしまわなくても大丈夫だと思います。

長くなってしまったわりに、ぜんぜん要領を得たことが言えず申し訳ありませんが、とにかく僕からはそんな感じです。どういう形であれ、22年間独り身女子さんがしあわせに生きていけることを願ってます。

メッセージありがとうございました!

スポンサーリンク

メッセージ

  1. 二児の親 より:

    見合い結婚し、旦那のことを昔よりは好きになってきた者です。それこそ足し算引き算互いにしながら、今の収支は、出逢った当初より大幅に黒字です。人生は何が起こるか分かりませんね。
    子供には、幸せになってほしいと思うのですが
    子供が可愛ければ可愛いほど「自分は子供からこんなに幸せをもらっていたのだから、子供にもこの幸せを味わってもらいたい」と思ってしまう、それが「孫の顔を見たい」になってしまいがちです。
    どんな生き方であれ、子供が幸せなら嬉しいのに。と考えさせられました。
    ※アドバイスというよりただ感想を寄せさせて頂いただけなので、コメント承認はご無理なく…。

  2. さくら より:

    私も好きな人じゃないと付き合えないかな?

    少数派ですけど、そういう人もいますよ。

  3. なな より:

    はじめまして。22年間独り身女子さんの相談を拝見し、とても共感してしまいました。

    私はさらに上の25歳なのですがww
    今までに最後までどころか付き合ったこともないです。
    1度だけ「あ、いいな。この人と居ると落ち着くな」と思える相手がおりました。
    ドキドキするよりは安心感があり、向こうからも一定のアプローチはありましたが 私自身が持病があり、それが原因で断られたらどうしよう。と、不安になって逃げてしまいました。
    それから6年経ちますが、その時の方と同じくらいしっくりくる方には出会えませんでした。

    友人も本当に信頼できる数人です。
    仕事では多少嫌でも金のため、生活のためと割りきれますが、プライベートは利害は関係ありませんので、本当に大好きな人としか付き合いたくありません。
    今までに男性に何度か誘われ、一緒に遊びましたが 精神的にただ疲れ果てて終わりました(苦笑)

    恋愛以前にプライベートの人間関係は「本当に大切だと思える人としか」付き合えないので、恋愛までのハードルが高くなってしまっていると思ってます。

    一人が気楽、という気持ちと、このままで良いのか、という不安が大きいです。

    出来ればアドバイスいただけると嬉しいです。