シェアする

理想には追いつけなくても追いかけてさえいれば遠くまで行ける

シェアする

意識ばかり高く、自分への期待や理想と現実のギャップが苦しいの記事に、椛さんからご丁寧にお返事をいただきました。

まつたけさん、お返事ありがとうございます。生意気だなんてとんでもないです、はっきり言ってくださってとても嬉しいです。自分の中で悩んでいるとどうしても逃げたり甘えたりしてしまうので、厳しいお言葉を頂いて現実に向き合おうと思えました。

それと、読み返してやはり支離滅裂な文章だったな…と思いました。言葉も間違えていましたね、すみません。人に「自意識過剰」と言われたのでずっとその言葉を使っていたのですが、確かにおっしゃる通り意味が違いました。もちろん本来の、まつたけさんの仰っている自意識過剰で悩んでいる方はその程度に差はあれど大勢いると思いますし私もその一人ですので、それはそれでいつかまつたけさんにお話ししていただきたいテーマだなあと思いました。

私は高校生でまだ仕事のことはよく分からないんですが、具体的にまつたけさんがあげられていた例(会社全体が被害を被る…というもの)を読んで、そうならないように今から少しずつ変えていきたいと思いました。
こんな分かりづらい、答えづらい相談に乗ってくださり本当にありがとうございました。

椛さん、ご丁寧にお返事ありがとうございます!m(_ _)m

スポンサーリンク

若いならなおさら理想主義者でいい

>言葉も間違えていましたね、すみません。人に「自意識過剰」と言われたのでずっとその言葉を使っていたのですが、確かにおっしゃる通り意味が違いました。

いえいえ、こちらこそすみません、そういう意味で言ったんじゃありませんでした(汗)いわゆる意識の高さみたいなものを「肥大した自意識」と言ったりするので間違いではないと思います。

>まつたけさんの仰っている自意識過剰で悩んでいる方はその程度に差はあれど大勢いると思いますし私もその一人ですので、それはそれでいつかまつたけさんにお話ししていただきたいテーマだなあと思いました

うーん、それはさすがに恥ずかしすぎて無理ですね…(笑)
なんて言うんでしょう、いくらなんでも度を逸しすぎていて笑えないレベルのアレですw
10代の頃自意識過剰が苦しすぎてそれだけでも何度も自殺を考えましたw

>私は高校生でまだ仕事のことはよく分からないんですが、

あ、それにまだすごくお若い方だったんですね…!

そっかー、それがわかってればまた内容も全然変わってましたね…
でもとにかく、それならなおさら若いうちから「意識の高さ」みたいなこと自体を恥じたりする必要はないと思いますよー!

理想が高い衛宮士郎

意識の高さを表に出す必要はない

もちろん今の世の中、そういう人のことをバカにしたり笑いものにしたりといった風潮があってなかなか生きにくいと思いますが、バカ正直に意識の高さを表に出したりしなくてもいいんです。

別にそういうのが嫌じゃなければ、そうやって「意識高い人」のことを笑ってるような奴らに合わせて一緒になってへらへら笑ってたっていいんです。

そうしている間にも自分の中には確固とした世界や自分自身の理想像みたいなものを持って、粛々とそこに向かって邁進していけばいいんじゃないかなーという気がします。

理想も持たずに何が若さか!」とまで偉そうなことを言う老害になる気はありませんが、理想を持たない人にはそもそも目指していくべき方向性もありません。

何も考えないで生きてるような人も多い中、まだ若いのに現実とのギャップに葛藤するほどの理想を持っていることは素晴らしいことだと思います。まずはそのことに自信を持たれてほしいと思います。

スポンサーリンク

進んでさえいればいつかはたどり着く

その上で、理想が高ければこそ現実との間にギャップが生まれるのは当然だということを念頭に置いておくといいかもしれません。また、それくらいの理想だからこそ目指す価値もあるのではないでしょうか。

あとは、理想や意識のほうが現実に合わないからと音を上げるのではなく、現実が高い理想や意識に追いつけるように努力するだけだと思います。もちろんその努力をしたくないなら最初から理想だの自分に期待だのを口にすることはやめてしまえばいいだけです。

それがいいとか悪いとか言うようなことでもありません。あとは椛さんがどうしたいか、どうなりたいかというだけのことです。

なかなか思い通りには行かないことばかりだと思いますが、最初からうまくいったり思い通りになんて行かない中で、少しずつうまくいくようになったり思いが通るようになっていく過程を楽しめたら素敵ですよね。

そのときにはもう椛さんはめっちゃかっこいい大人だと思います。

とはいえまだそんなに若いなら別に焦る必要もないと思うので、本当に少しずつでいいと思います。

…ちょっと言い足りないことの補足が長くなってまた一記事分書いてしまいましたが、それでもなかなか自分の思うところをうまく伝えられる気がしなくて、本当に言葉は難しいしもどかしいです…

でもこれ以上長くなっても空回りするばかりで結局うまく伝えられる自信がないのでもうやめます。あまり思い詰めないでくださいね。悩むことすら悪いことばかりではないと思います。大丈夫です!とにかくそれを伝えたいwわかってくださいw

ご丁寧にお返事ありがとうございました。

スポンサーリンク

メッセージ

  1. より:

    び…びっくりして、言葉がうまく出ないのですが、まつたけさんにこんなにもお時間を使わせてしまって申し訳ないのと、こんなにも真剣に考えてくださって嬉しいのとで複雑な心境です…とにかく本当にありがとうございます。
    言葉の意味についてご丁寧にお返事くださりありがとうございます。勉強不足であったことに変わりはありませんが、言葉は捉え方によっていかようにも変わるのですね…気をつけたいと思います!
    それからまつたけさんの自意識過剰講話(?)…別のブログで自意識は人一倍といったようなことを書かれていた(ような気がします)が、そこまで思いつめてしまわれるともう日常に支障をきたしてしまいそうですね…まつたけさんの心にすこしでも多くの平穏が訪れることをお祈りいたします。
    それから、きっと一記事にまとめるに至らせてしまった一番の要因かと思われる年齢ですが、自分の中では全然意識していなかった上、後でコメントを読み返し「何だか、若いから許してよって言い訳しているみたい…」と、それを突っ込まれるような気がして内心ビクビクしていました。むしろ励ましのお言葉を頂いて驚いています。情けないですが、自分の期待に応える努力って今まであんまりしていなかったように思います。まだ時間はある、理想が高ければ努力すればいいじゃない…勝手にマリーアントワネットの有名な言葉を思い出しました。もちろんいきすぎた自意識で人に迷惑をかけてしまっては元も子もないですが、期待する以上ギャップは生まれるものと思って、すこしでもその期待に近づけるよう精進いたします!
    最初の記事でも頑張らねば!と強く肝に銘じたのですが、いらぬ肩の力が抜けたような気がいたしました。ご丁寧なお返事に深く感謝いたします。ありがとうございました。

    • まつたけ より:

      椛さん、ご丁寧にお返事ありがとうございます!m(_ _)m

      >「何だか、若いから許してよって言い訳しているみたい…」

      こんなこと気にする高校生がいるのか…!ってことに僕は驚いたし感動しました。
      でも若いんだから若いうちは若さを理由に許してもらうのは全然ありじゃん!…って思うのは僕が汚れた年のとり方をしてしまっただけなのだろうか…とふと遠い目でたそがれたりもしました…

      マリー・アントワネットもどこから出てきたって感じで笑いましたwwwwww
      まさかマリー・アントワネットもこんなところで自分が持ちだされているとは思わなかったことでしょうwwww

      でも大丈夫です!「いきすぎた自意識で人に迷惑を」さんざんかけてきた自分ですが、そんな自分でも一応まだ生きてるんだから、椛さんみたいにピュアな人なら心配しなくても絶対に大丈夫ですよ!
      …まあ僕なんかに保証されたところで1ミリも安心できないかもしれませんが、どうか肩の力を抜いて少しでも気楽に人生を楽しまれてください!

      メッセージありがとうございました!また何かあればいつでもお話してくださいね!